【吉田茂の書簡】朝鮮人・韓国人を知る

~在日朝鮮・韓国人の送還実現に向けて~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次世界大戦を目撃した方々の証言

焼き芋ケンちゃん 今回は戦争を体験された方達から、戦後の朝鮮人についてお聞きする機会がありましたっ!
それを皆さんにもご紹介しますっ!

NAさん(大正15年生)陸軍士官学校

戦後、警察官になったが、昭和25年警察予備隊の募集を知り入隊。
米軍が朝鮮戦争に出て行って留守になるので、
治安維持の為に我々が米軍と入れ代わる形で宿舎や施設にそのまま入った。

警官の頃、横浜の中華街を回って朝鮮人に地団駄踏んだ事はあります。
(中華街には中国人だけじゃなく、朝鮮人もかなりの数住んでいます。)
商売するにしても法律を無視し「そこに店を出してはいけない」と注意しても
「俺達、日本人じゃない」と掛かって来る。
腹が立った事もある。警察官として悩んだ事もあった。
辞めたのは耐え切れずに…という事もある。


Fさん(昭和3年生)通信士(昭和20年6月サイゴン)

復員した昭和21年5月、小路で(老舗商店街)
朝鮮人5人程が、肩を組んで歩き、露店を出している日本人を蹴飛ばして
「俺の国が勝ったんだ」と言ってたのには唖然としました。
恐ろしくて警察が注意出来ないんですよ。
ヤクザが出て来て事を納めました。


Sさん

明治44年生まれの私の父は炭鉱の経営側だった。
終戦後、出稼ぎの朝鮮労働者が集団で帰国する時
担当していた監督の家に行って、乱暴したり、金品をねだったり
それはそれは、酷かったと父から聞いている。
朝鮮人は出稼ぎであり、今、言われているような強制労働ではない。


Tさん(昭和ゲフンゲフン生)日本のとある町在住

炭鉱町の農家のおばあちゃんから戦後の朝鮮人の横暴ぶりを聞いた。

深夜、炭鉱から抜け出して来た朝鮮人が、実家に隣接する納屋に潜んでいて怖かった。
炭鉱の朝鮮人は風呂にも入らないので、真っ黒な骸骨のような顔をしていた。
こっちが怯むとニヤニヤと笑って母屋に乗り込んで来て略奪をしていくので
散弾銃を構えて追い払わなければ何度でもやって来る。


Nさん(当時、露店を出していた)

復員後、友人と麻雀をしていた時、物置にしまった自転車が3台盗まれた。
闇市でそれを売っていた朝鮮人を捕まえてヤキをいれた。
「俺も若かったからなぁ、良い武勇伝だ。良い朝鮮人もいたぞ」


オマケ
戦後(冬)はアチコチにホームレスの凍死体が転がっていたんだって!
その、凍死体の日本人と朝鮮人の見分け方は…!
長靴を脱がしてみると…朝鮮人は長靴の中に唐辛子を詰め込んでるんだって(笑)
長靴を脱がして唐辛子が出て来たら、そのまま放置してたそう。


当時の人たちは彼らがただの密航者であり、強制連行の被害者ではない事をよく知っていました。
それなのに「自分達は戦勝国だ」と言い、
傍若無人に振る舞い、暴力と略奪を働く朝鮮人は嫌われていたのです。
でもそれは自業自得
今ではその嫌われている事を「差別だー!」と叫んで日本から特権をもぎ取り、利権を貪っているのです。

皆さんも、戦争当時を実際によく知る年配の方にお会いする機会があれば、是非その当時の様子を聞いてみてください!
そして、良かったらその内容をこちらのブログにも教えてくださいね。
貴重な証言を次世代に引き継ぐために、情報を分かち合いましょう!!( ・∀・)ノ

posted by @[ケンシロウ]
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

4才児のケンシロウ

Author:4才児のケンシロウ

最新記事

最新トラックバック

FC2チャット

FC2拍手ランキング

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。