【吉田茂の書簡】朝鮮人・韓国人を知る

~在日朝鮮・韓国人の送還実現に向けて~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥様発 端島を世界遺産に…辛い過去を思い出すニダ←ホンマかいな


長崎県西海市の端島、人読んで軍艦島。
日本政府は、世界遺産に推薦する事を発表しました。
こういう事に、決まったように難癖を付けて来るのが韓国。

「強制連行された過去を思い出す」
「日本は反省していない」

日本に難癖を付けるときの常套句ですね。

確かに、朝鮮人の抗夫はおりましたし、端島は長崎県西海市の崎戸炭坑に次ぐ人数でした。

朝鮮人抗員(ここから先抗員と表記致します)の証言に
「8階、9階建ての鉄筋アパートに変わった。最下層部分は朝鮮人を入居させた。日中でも夜間と同じように暗かった」
とあります。
が、別の抗員の証言には
「端島で新婚生活を始め、アパートの7階に入居した。水を運ぶのに汗を流しながら運んだ。その苦労は並大抵ではなかった。」
とあるのです。

どちらも大変だったと思われます。
しかし、最下層部分的にしか住めない朝鮮人、高層部分で水運びに苦労した朝鮮人。
それぞれの“苦"は相反してしまいます。
どちらかが偽証なのでしょうか。

私はどちらも本当だと思います。

西彼杵郡(今の西海市)の島々には多くの炭坑がありました。
高島、端島、崎戸島、大島、池島…
今は全てが閉山しておりますが、生活の様子は似たようなものでございました。

小さな島に、幼稚園、小中学校、病院、市場、映画館。
ゴルフ場まであった島もあります。

崎戸島と大島は隣接しており、高島は大きめの島です。
ご存知のように、端島は小さく人が住みやすいように回りをコンクリートで補強していました。
端島 0.063キロ㎡
池島 0.9   〃
大島 12.41 〃
崎戸島0.41 〃

端島は特別小さいですね。
この小さな島に、5千人以上住んでいたのですから、高層アパートは必要だったのでしょう。

島の炭鉱住居様々なタイプにわかれています。
独身用、家族用、役職でもわかれました。
日給鉱員専用の住居もありました。
「下の階で暗かった」「高い階で水運びが大変だった」・・・これは朝鮮人だけではない、日本人も同じだったのです。

「強制連行で酷使された」と言う証言をみていますと、同じような流れが現れています。
事故も多く、多くの人が亡くなりました。
当時、多くの人が貧しく給与のいい炭鉱は人が集まりました。
日本人も同じだったのです。

長崎で被爆しすべての物を無くした人々の多くも炭鉱に渡りました。
様々な人が集まったのです。

数年前に、池島、大島、崎戸に行ってきました。
崎戸は端島より朝鮮人の鉱員が多かったところです。
次回、そのことを書きたいと思います。



Posted by @[奥様]
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

4才児のケンシロウ

Author:4才児のケンシロウ

最新記事

最新トラックバック

FC2チャット

FC2拍手ランキング

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。