【吉田茂の書簡】朝鮮人・韓国人を知る

~在日朝鮮・韓国人の送還実現に向けて~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学歴社会の韓国「知の崩壊」進む


【韓国】呉善花氏「ハングル教育された韓国人は40%が本を読まず、25%の大学生が『大韓民国』を漢字で書けない」★2[06/18]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1371555583/

こうした現象の大きな原因の一つが「漢字廃止」である。私が中学生だった1970年の春、韓国は学校で漢字を教えることをやめた。
私の世代以降は“ハングル専用世代”となり、50年近く経った今日では約8割の国民がハングルしか読めなくなってしまった。
さらに恐ろしいのは文化の断絶である。古典や史料がどんどん読めなくなり、
大学の研究者たちでさえ1960年代に自らの指導教授が書いた論文を読むことができないのだから、問題の根はとても深い。

呉善花(お そんふぁ)
1956年、韓国・済州島生まれ1983年に来日、大東文化大学の留学生となる。その後、東京外国語大学大学院修士課程修了。
現在、拓殖大学国際学部教授。『「漢字廃止」で韓国に何が起きたか』(PHP研究所刊)など著書多数。



昔,日韓翻訳掲示板があった頃,韓国人が「日本刀の起源は韓国刀だ」と主張した。
反論する日本人に,韓国人は「これが証拠ニダ」と一枚の絵図を提示した。
しかし,その韓国人は笑い物になった。
絵図にはしっかりと「倭式刀」と漢字で書かれていたからである。

こんな民族に歴史を云々されるとは,いやはや片腹痛い。
Posted by @[イラお]
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

4才児のケンシロウ

Author:4才児のケンシロウ

最新記事

最新トラックバック

FC2チャット

FC2拍手ランキング

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。