【吉田茂の書簡】朝鮮人・韓国人を知る

~在日朝鮮・韓国人の送還実現に向けて~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の報道って…

たいやきアイコン
みなさん、こんにちは。
今年ももう終わりますね。
来年こそは日本人にとってもっと良い年になればいいのにと思います。

さて、今年も残すところわずかですが、
虎ノ門ニュース、青山繁晴さんのお話しから思った事を取り上げたいと思います。
気になったニュースの部分だけピックアップしてFC2動画にうpしましたので、
お時間のある時に見ていただけたら幸いです。

[広告] VPS


上記の動画前半部分から、
日本の自衛隊ゆうぎりが、ソマリアの海賊対応の任務に出ていたことが分かりました。
ちょうどこの時期、日本の報道&ワイドショーでは、「朴槿恵とそのお友達」の話題が、
連日トップニュース扱いで放送されておりました。
一体どこの国の報道&ワイドショーだよと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際僕の家でも、この話題が出る度に皆ちょっとした用事を済ませるために席を立ったり、
チャンネルを変えたりしていました。
果たしてこの話題が視聴率を上げる一助になっていたのでしょうかね?
はなはだ疑問です。

しかし、そんなトップ扱いのニュースの陰で、
日本の自衛隊の皆さんはひっそりと危険な任務を忠実に果たしておられたのです。

後半では南スーダンでの任務についても取り上げられていました。

報道では、この南スーダンに赴く隊員を見送る家族にインタビューをし、
「不安だ」とか
「心配だ」とかというコメントばかり流していました。
そりゃあ隊員のご家族は不安だし、心配でしょう。
当たり前です。
だからこそ、日本の報道はもっと関心を持って自衛隊の任地や、活動について報道すべきだと思うのですが、
現実は「韓国ガー、朴槿恵ガー」
まぁ、自衛隊の任務によっては、その内容を事細かに報道されるとかえって危険が増すこともあるでしょう。
というよりわざとそういう報道をしかねないのが今の日本のマスコミです。
ですから、そういう危険な報道をされるくらいなら、報道を一切しないでくれた方がマシなのかも知れません。
なんとも情けない話しです。

また、「駆け付け警護」が日本のマスコミによって印象操作のために作られた造語だという事も初めて知りました。
これは気を付けなければならないなぁと思いました。

さらに、日本の領海と資源を守るため、「排他的経済水域に関する法整備推進ワーキンググループ」という部会があることが説明されていました。
しかし、こんな部会や働きがあることなど、どこの報道を見ても扱われたためしがありません。
調べてみましたが、所属する自民党議員のメンバーすら出てきません。
とりあえず、虎ノ門ニュースで出ていた議員の名前とHPを載せておきます。
武見敬三議員
山本一太議員
浜田靖一議員

我々日本人は、こういう選挙のためではなく、日本のために頑張っておられる議員さんたちを少しでも多く応援していく必要がありますね。

あと、排他的経済水域に関する法整備推進ワーキンググループが出している法律案要綱のPDFがありましたので、
これも載せておきます。
排他的経済水域及び大陸棚に係る我が国の権益の確保に関する法律案要綱(案)

posted by @[ケンシロウ]

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

4才児のケンシロウ

Author:4才児のケンシロウ

最新記事

最新トラックバック

FC2チャット

FC2拍手ランキング

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。