【吉田茂の書簡】朝鮮人・韓国人を知る

~在日朝鮮・韓国人の送還実現に向けて~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある事件をきっかけに考察したこと

麦藁ケンシロウたん
みなさん、こんにちは。
若干夏バテ気味のケンちゃんです。

先日、友人知人が立て続いて「カード不正使用」の被害に遭いました。
僕も一回だけ被害に遭った事がありますが、どこで情報を盗まれたのだろうとか、
被害はこれだけかな?とか、
しばらくの間気持ち悪い思いをしますね。

えっ、4才児なのにカードを持っているのかって?
そりゃあ、最近の4才児は、ネットでおやつ買ったり、おもちゃかったり、漫画や絵本買ったりするのにカードが必要なんです。
とかいう冗談はおいといて。

実は以前から、この「カード不正使用」の問題、一体誰が被害に遭ったお金を補填するのだろうと疑問に思っていました。
今回その疑問が解けたこと、それに関連して気が付いたことなどがありましたので、
記事にしたいと思います。

まず、一人の友人がどのような被害に遭ったのか簡単にフェイクも入れながら書いてみます。

1日目、夕方、カード会社から電話があり、「イギリスのホテルで支払いに使われているが、本人ですか」との問い合わせ。
本人は日本にいるし、近々イギリスに行く予定もなかったわけです。
この時点でカードの停止、新しいカードを発行します。ということになったようです。
しかし、次の日の朝、同じカードの会社から電話があり、今度は
「アメリカの歯科医院で支払いに~」
本人日本にいるっちゅーに。
ということで、これもキャンセル。
なぜ停止したはずのカードで?と思われましたが、
1度目のカード使用→停止までの間にアメリカで使われたようです。
とりあえず本人の金銭的被害は1円もなく、事なきを得た~

という報告を後日受けたのですが、ここで気になったのが、
この方のカードがイギリスとアメリカでほぼ同時に使用されかけた事。
犯人が一人とは考えにくいですね。
ということは、この方のカード情報を複数人が持って、あちこちをウロウロしていることになります。

組織的犯行であることは明白ですが。
しかし、それだけではありません。

「カード不正使用」は世界中で起きている問題ではあります。
被害者側、犯人側、どちらかでどこの国も関わっています。
しかし、日本に限って見てみるならば、
日本人の多くは「被害者側」になることがほとんどで、「犯人側」になることはめったにありません。
では、日本人の被害は誰によってもたらされているでしょう?

これはあくまでも日本に限った話しですが、
大半が中国人・半島人による犯行を占めています。

例えば、今年5月にコンビニのATMで一斉に不正引き出しが行われ、
その被害総額が14億円になったというニュースがありました。
朝日新聞のニュース記事です。

偽造カード一斉使用?14億円不正引き出し 17都府県

全国17都府県のコンビニの現金自動出入機(ATM)約1400台で今月15日、偽造とみられるクレジットカードが一斉に使われ、3時間ほどの間に約14億4千万円が引き出されていたことがわかった。取引記録から、使われたカードは、南アフリカの銀行が発行したクレジットカード約1600枚の情報と一致したといい、警察当局が捜査を進めている。

 捜査関係者などによると、不正に現金が引き出されたのは東京都や神奈川県が特に多く、大阪府、兵庫県、愛知県、福岡県など各地のコンビニに設置されたセブン銀行のATM。15日午前5~7時台の3時間近くの間に、限度額10万円の引き出しが1万4千回以上繰り返されたといい、同行が不審な取引として、同日中に警視庁に届け出た。

 一連の引き出しでは、ATMが不正を検知し、中国の焼き肉店の顧客カード6枚を自動的に回収していた。6枚はいずれも表記が中国語の磁気カードで、南アフリカの銀行のクレジットカード情報が書き込まれていたという。

 警察当局は、ハッキングなど何らかの理由で流出した情報をもとにカードが偽造され、キャッシング機能で現金が引き出された可能性が高いとみている。短時間のうちに全国で行われたことから、100人以上が関与したとみて防犯カメラの映像の解析を急ぐとともに、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて南アフリカ当局と連携し、情報流出や偽造の経緯についても解明を進める方針だ。



これを見ると、「中国の焼き肉店の顧客カード」「中国語の磁気カード」という言葉が躍っています。
この犯罪に中国人が関わっていたことは明白です。

こちらも併せて読んでみてください。
たった2時間で「14億円」不正引き出し~日本のコンビニATMのセキュリティはこんなにも甘かった! 犯罪グループの全貌
魚拓

上の記事では、中国人と言っても、「在日中国人を中心として構成された半グレ集団が、中国のシンジケートと連携したのかもしれません。」と書かれていました。

他にも「カード不正 中国人」で検索すると、これでもかと言う程情報が出てきます。

つまり、日本人が汗水たらして必死に働いて貯めたお金を、中国人が横から手を出して掠め取ろうとしているのです。
では、なぜこんなことをするのでしょうか。

そりゃあ中国人は金の亡者だもの、お金が欲しいんでしょ。

って思います?
そうですね。その通りだと思います。
でもそれは、引き出し作業という「重労働」&「捕まるリスク」を強いられている末端の構成員です。
もっとこの組織のトップが何をしたいのかを考えてみるべきです。

こんなことをやるのはどうせ中国の反社会的勢力、つまり中国マフィアがやっていることだろう。
だからやっぱり動機は「金」だよ。

そうなんですが、その中国の反社会的勢力が=中国共産党だと認識しないと真実は見えてこないと思います。
次回その点について書きます。

posted by @[ケンシロウ]

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

4才児のケンシロウ

Author:4才児のケンシロウ

最新記事

最新トラックバック

FC2チャット

FC2拍手ランキング

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。