【吉田茂の書簡】朝鮮人・韓国人を知る

~在日朝鮮・韓国人の送還実現に向けて~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産と中・韓の出稼ぎ労働者問題

麦藁ケンシロウたん
みなさん、こんにちはっ!
「明治日本の産業革命遺産」の登録が決まったのに、韓国の嫌がらせのせいで不快な思いをしておられる方も多いでしょう。
僕もその一人です。

今日のニュースには、
外務省、対外発信強化へ 韓国の合意反故で
魚拓
【記事全文】

外務省が「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録をめぐり、一部施設で働いていた朝鮮半島出身者への「強制労働」がなかった経緯を英語で説明するなど、対外発信強化を検討していることが7日、分かった。韓国が日韓外相会談での合意を反故(ほご)にしたことへの対抗措置という面もありそうだ。

両国の対立点は、世界遺産委員会の審議で日本側が英語で表明した「forced to work」の解釈。日本側が「働かされた」と翻訳する一方で、韓国側は「強制されて労役をした」と訳し、日韓間で解釈の相違が起きている。このため政府は、第二次世界大戦中に自国民を徴用し働かせた労働者の中に、朝鮮半島出身者もいたという事実を発信。特別に強制労働させていたものではないことなどを説明する方針だ。

韓国側は審議直前に「強制労働」を主張すると言い出したが、宇都隆史外務政務官は7日、産経新聞の取材に「(6月21日の)日韓外相会談で協力するとした合意を反故にする行為だ。完全なる外交上のルール違反だ」と韓国政府の対応を強く批判。自民党の二階俊博総務会長は7日、党総務会で外務省から事情聴取する考えを示した。



まぁこの対抗措置がどうなるかはまだわかりませんが。
とりあえず、今後韓国側が「強制労働」を日本側が認めたとし、謝罪や賠償を求め始めた時、対抗できる知識を身に付けておきましょう。
吉田スレは元々歴史的観点から在日の帰還事業を応援するスレ。
この文化遺産の「強制労働」とやらに関しても歴史的観点から見てみましょう。

まずは時系列です。
1868年(明治元年)9月8日 改元
1894~1895年(明治27年~28年) 日清戦争
1904~1905年(明治37年~38年) 日露戦争
1910年(明治43年)8月29日 朝鮮半島併合
1912年(大正元年)7月30日 改元
1914~1918年(大正3年~7年) 第一次世界大戦
1926年(昭和元年)12月25日 改元
1939~1945年(昭和14年~20年) 第二次世界大戦(太平洋戦争)
1948年(昭和23年) 大韓民国建国・朝鮮民主主義人民共和国建国
1952年(昭和27年) サンフランシスコ平和条約発効 日本、朝鮮に対する権利、権原及び請求権を放棄

さて、今回問題になっている遺産は「明治日本の産業革命遺産」です。
年表を見れば、一目瞭然。
明治時代の歴史に朝鮮人はほとんど関係ありません。
戦争も、朝鮮半島が併合されてから明治の時代には起きていません。
つまり、戦争に関連した「強制連行」も「戦時徴用」もこの「明治日本の産業革命遺産」の歴史部分には、朝鮮人が登場する機会は関係ありません。

ちなみに、戦時徴用に関しては
1918年(大正7年)3月 軍需工業動員法
1938年(昭和13年)3月 国家総動員法(国民徴用令は1939年)
1942年(昭和17年) 企業整備令
1944年(昭和19年)9月 朝鮮に初めて徴用令発布

やはり、明治時代にはかすってもいませんね。

でも「戦時徴用ではなくても過酷な労働を強いられ、人権侵害ニダ!」と主張するかも知れません。
ここで先日報道された、
花岡事件:強制連行で犠牲になった中国人悼み秋田で慰霊式
魚拓

中国人も出張ってきて、両国仲良く「強制連行」と「過酷な労働」で大合唱です。

しかし、数年前に起きたチリの落盤事故を覚えておられる方も多いでしょう。
コピアポ鉱山落盤事故

炭鉱での仕事は危険の伴う過酷な労働なのは当たり前。

さて、こんなサイトがありました。
労働者強制連行の実態
参考にしてください。

日本の身の潔白が世界に知れ渡りますように。

ところで、今日は日本全国の市役所で、最後の駆け込み登録更新あったんでしょうかねぇ。
明日から色々楽しみです。
ではまた~

posted by @[ケンシロウ]

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

4才児のケンシロウ

Author:4才児のケンシロウ

最新記事

最新トラックバック

FC2チャット

FC2拍手ランキング

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。